忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

医療保険から給付されるのは、商品によっても異なりますが、入院給付金、手術給付金、通院給付金、少額の死亡保険金などです。 もともと医療保険というのは医療保障目的の保険なので、少なく死亡保険金額が設定されていたり、ついていない商品すらもあります。 保険料の額も医療保険の内容についても、保険会社ごとにかなり違いがあったりします。 ちょっと話は変わりますが、「生存給付金のある医療保険を選ぶ」というのが掛け捨てをしたくない人に多いです。 ただし、医療保険であっても、積み立てそのものにコストが掛かるのです。 要するに、その医療保険に入るのが得か判断するには実際に計算してみないといけないのです。 このところ相次いで発売されている医療保険は、終身型が中心で、保険料が高いという印象がありますが、解約返戻金を加味すると、一定期間継続後は終身型の方が定期型よりも有利になります。 「終身型」より「定期型」の方が払込保険料総額も、高齢になっても医療保険を継続していくのであれば、結果的に多くなります。 ただ、老後の医療保障については貯蓄で備え、保障はいらないという考えを持っているなら、若い頃は定期型にしてできるだけコストを抑え、老後の医療保障用の貯蓄をしておくというのも医療保険についての方法論の1つです。 加入 ? 不幸 あなた 選ぶ 大黒柱 生命 ? 生命 ? ライフ プラン 時 一変 リスク にとって 保険 描い
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/27)
(04/27)
(05/11)
(07/27)
(09/17)