忍者ブログ
お知らせ

ここはフリーエリアです
コメント、ランキングバナー、アフィリエイトなどにつかってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 現在、日本人の90パーセント近い人が、何かしらの生命保険に加入しているそうです。でも、自身の加入している生命保険について、正しく認識している人は、いったいどのくらいいるでしょうか。 お子さんの多い家庭もあれば、一人っ子のご家庭もあります。ご夫婦だけのご家庭やシングルの人もいることでしょう。当然、求める保障は違うはずで、だからこそ生命保険も多種類の選択肢があるべきです。 自分と自分の家族にとって最適な生命保険を選ぶためにも、生命保険とはどのようなものかをまず正しく理解することが肝心です。 大まかに言うと「主契約」と「特約」の二本立てで構成されているのが生命保険の基礎です。「軸となる保険」が主契約、「ニーズに合わせて追加する契約」が特約です。 主契約の基本は「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類に大きく分けられ、さらに機能別に細かく分類されている中から選択することになります。 「災害割増特約」や「障害特約」「特定疾病特約」など、特約にも実に沢山の種類があります。我が家に必要な保障を付加することで、保障の厚みが増すことになります。 主契約だけでも多種類ある上に、あれこれと特約の付加価値を考えると、素人には決めかねるかもしれません。そういうときには、ファイナンシャルプランナーという資産管理や保険選択のプロがいますので、相談してみるのも一案です。 何につけても自分らしい選択は大事です。いつ起こるかわからない「死亡、病気、ケガ、介護」などのリスクもさることながら、自分らしい生き方に沿った保険商品を選択してほしいと思います。 先ごろ、生命保険の保険金・給付金等に未払いや不足金が生じていた事実が判明し、社会問題になっています。この件の非は生命保険会社にあるわけですが、加入する側としても、契約時に約款を読んで理解する手間を惜しまず、受取事由の発生時には速やかに連絡や手続きができる備えが必要だと思います。
ビジタープラン 興味 カ条 企業 住民 変更 性能 世帯 一定 あらかじめ 持ち 当たり前 原則 マイクロフォーサーズ 関心 特約 将来 医療 者 カロリー メイク まずは 行 事故 期間 出来 不思議 内容 各種
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/27)
(04/27)
(05/11)
(07/27)
(09/17)